姿勢が悪いと腰痛になる

姿勢矯正ガイド

スポンサーリンク

姿勢が悪いと腰痛になる

姿勢が悪いと腰痛になる場合が非常に多いです。
では、なぜ姿勢が悪いと腰痛になりやすいのか?
その理由についてこれから順を追ってご説明させていただきたいと思います。

まずは、「立った状態で姿勢が悪いと腰痛になる。」その理由について考えてみましょう。。たとえば猫背のように、背中が丸まった姿勢の悪い状態で立っていた場合、身体の重心が、後ろの方にずれてバランスを崩してしまいます。
身体がバランスを保とうとした結果、腰椎(身体を支えている椎骨と椎間板のことです)が、前にせり出るような格好になります。
これは腰椎にとって非常に無理な状態で、腰の筋肉にかなりの負担がかかります。
その結果、腰の筋肉が疲れてしまい、腰痛を引き起こしてしまうのです。

次に、「座った状態で姿勢が悪いと腰痛になる。」その理由について同じく考えてみましょう。
猫背のように背中を丸めた悪い姿勢で座っていますと、とても楽に感じますが、実は立っている時よりさらに腰にかかる負担は大きくなっています。
特に腹筋が弱っている場合は、腰への負担はさらに大きくなり、腰痛を引き起こしやすいです。

デスクワークなど、長時間椅子に座った状態が続く場合は、「姿勢が悪いと腰痛になりやすい」ということを絶えず頭に入れて、正しい姿勢を心がけるようにしましょう。

スポンサーリンク

2010 © 姿勢矯正ガイド allrights reserved.